ライブ配信を終えました。【反省】

こんにちは。でんこです。

 

f:id:yumidenco_o:20180602231958j:image

 

先日、Facebookライブ配信を無事に終えました。

 

正直なところ、言葉で声で伝えるっていうことは本当に難しいと率直に感じました。

 

動画の配信には興味をもっていたものの、一人ではどうしたらいいか分からなかったところで

今回はカナダ在住の田中さんの力をお借りしてライブ配信をさせていただきました。

 

言いたいこと、ライブ配信をして何が言いたかったのか

 

たくさん頭には浮かんでいたんだけど

実際には1も言えず、思っていたことと違う事が口から出来たりして

そうじゃなくて…そうじゃなくて…

と頭の中が真っ白になりました。

 

そもそも、私がFacebookライブ配信をやって一番伝えたかったことは

 

Facebookを使っている同じ但馬の人達にもライブ配信を知って欲しかったし使って欲しい

 

今、私が行動に制限が出てしまい

なかなか思うように但馬で繋がっている人達に会いに行けずにいます。

それが、本当にもどかしくて

会いに行けてないけど、私は元気にやってます!

狭い世界にいても、SNSを通して広い世界を見ることもできるんだよ

と、まずは私とリアルに繋がっている但馬の人や友達に伝えたかったんです。

本当は、ライブ配信をする事が怖くて怖くて溜まりませんでした。

だから、当初予定した日のライブ配信に私がゲストで入れなかった時は

心のどこかでホッとしたのも事実です。

叶わなかったけど、本当に満足して達成感もあったし充実した気持で私の心は満たされていました。

だから、リベンジしようなんて気持ちは当初は全くありませんでした。

 

それでも、周りの声に背中を押されたこともあり、リベンジする事にしました。

 

でも、実際にリベンジする時には私のモチベーションも上がっていませんでした。。

気持ちがいったん切れてしまっていた感が否めませんでした。

これは、本当に申し訳なかったとしか言えません。

 

私がライブ配信で一番気を使ったのは、紙の見え方です。

このライブ配信を見て下さっている方に、どの位置で紙を見せたらストレスにならないのか。。

リハーサルでちょい出しはしましたが、私は寧ろ、初めて見る人に向けてやろうと思いました。

演者は同じことを何回もやっていても、観客はそれが初めて見る公演だったりするからね。。

 

今回は #テガキストでんこ が実際につかっている手書きメモを使ったライブ配信です。手書き文字を写すのは重要な意味を持つのでは

 

f:id:yumidenco_o:20180603003557j:image

 

ちょっとズレていますが、これでも私は遠いかな?

なんて思っていたのですが、、

 

f:id:yumidenco_o:20180603003842j:image

 

すみません、この位置が正解でした

 

正解の位置でスクショしたのですが

 

実際に見て下さった皆さんは、この位置でちゃんと見えていたのでしょうか??

 

特に、初めて見る人にとってどうだったんでしょうか…??

 

当日出していたメモについては徐々に、Twitterでアップさせていただきますね。

 

#テガキストでんこ(BOT) (@TEGAKIsT_DeNCo) on Twitter

 

ただ、こう思えるのは、実際にライブ配信をやった特権だと思います。

 

やった事は後悔していないし、チャレンジして良かったです。

 

協力してくださったロッキーこと田中さんをはじめ、視聴して下さったみなさん、コメントを下さったみなさん

 

本当にありがとうございました。

 

記念に、このライブ配信を残して起きたかったのですが

諸事情のため削除せざるを得ない状況になりました。

 

後で見ようと思って下さった方もいらっしゃったかもしれませんが、こればかりは申し訳ない。。としか言えません。

 

感謝と反省もありますが、SNSは今後も続けていきますので、改めてよろしくお願いします。

 

それから、私は私なりに元気にしております。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

感想はレターポットでいただけると嬉しいです。

大江田由美子 (@ymc_oed)さんのレターポット | LetterPot (α)

ライブ配信をさせていただきます。

こんにちは。でんこです。

今日はまた突然のお知らせですが

 

f:id:yumidenco_o:20180528091301j:image

 

いよいよ!!

明日5月29日22時ごろ~

Facebookライブ配信

ロッキーと一緒にさせていただきます。

今回のテーマは

『私の日常は誰かのために非日常』

ラジオを聴くようにまったりと

聴いてもらえたら嬉しです。

 

#テガキストでんこ

 

先日、操作の確認のために告知も兼ねたテスト配信をやってみました。

 

本番は5月29日22時ごろ~です(*´∀`*)ノ あとは、本番でうまくいくことを願うのみ(笑)

 

アーカイブの録画をここから見ることができますが、このリハ45分は長いですよね(笑)

 

これもスマホの操作確認が終わったら、終了する予定でしたからね

 

翌日にライブ配信を控え、ものすごく不安に襲われています。

どれだけの人が見てくださるのだろうか。。

自撮りでSNSに顔出しすることはありますが、動画では初!しかも、喋るなんて初です。

面白そうだな~とは思ったものの、自分がやる事にとは夢にも思いませんでした。

(今さらバタバタしてみる)

 

明日は、ロッキーの力を借りてライブ配信をさせていただきます。

 

f:id:yumidenco_o:20180528103139j:image

 

今回のライブ配信で使う予定のメモ用紙です。

 

これらがライブ配信のどこで登場するかは、見てのお楽しみ...♪*゚

 

このブログの感想は、レターポットでいただけたら嬉しいです。

大江田由美子 (@ymc_oed)さんのレターポット | LetterPot (α)

 

星野源さんが好きな理由

こんにちは。でんこです。

 

f:id:yumidenco_o:20180527114709j:image

 

突然ですが、私は星野源さんが好きです。

 

多才で色んな顔をお持ちの星野源さん。

一言で魅力を言うのは本当に難しいお方です。

 

星野源』という名前は知っていましたが、以前はそんなに興味はありませんでした。

 

病気で療養されていた時も、ふーん。。くらいにしか思いませんでしたし。

 

LIFE!も、コウノトリも、これは星野源さんが出るから見よう!ということはありませんでした。

 

今でも、星野源さんが表紙だから!という理由で雑誌を買うことはないです。(^_^;)

CMをされているノンアルコールも買わないし、飲まないしね

 

いつからファンになったのか。。

 

f:id:yumidenco_o:20180527123508j:image

 

逃げ恥の平匡さんです

 

ファン歴はまだまだ浅いほうです。

 

ドラマが終われば落ち着くものですが、ちょうどこの頃に『星野源オールナイトニッポン』を知りました。

 

今ではスマホから聴けるんですから、本当に便利です。radiko様々です。

 

その中で、いくつか名言があるんです。

正確ではないし、ニュアンス違いますが

『ファン歴の長さとか、どれだけライブに行ったかとか、盤を持っているグッズを買っているか、ではなく大切なのは気持ち。』

私がファンでもあるアーティストさんの訃報があった頃、星野源さんはちょうどこのような発言をされたんですよね。

逃げ恥があって、平匡さんからのファンになった方が増えたんです。私もそんな一人です。

以前(SAKEROCK)からのファンの方と、平匡さんからのファンの方が対立されていなのでしょうか?

 

そのアーティストさんの訃報があってもちろん悲しい気持ちになりました。

それよりも私が悲しかったのは、持っている盤や雑誌自慢、ライブにどれだけ行ったのか自慢の話。

ライブに行けないからYouTubeで見ていたんですから、それってファンではないのでは…と落ち込みました。

星野源さんのこの発言には心から救われました。

この人の話すことを(できる限りリアルタイムで)聴きたくて、この時から毎週星野源オールナイトニッポンを夜ふかしして聴くようになりました。

 

星野源 ドラえもん 弾き語り - YouTube

こんな夢のコラボも、ANNならではです。

 

 

 

この人の頭の中はいったいどうなっているのだろうか

 

f:id:yumidenco_o:20180527205154j:image

 

f:id:yumidenco_o:20180527205417j:image

 

火曜日25時は私にとって1週間の始まりでもあります。

どんなお話を聴くことができるのか、楽しみになってしまっています。

 

ラジオって、本当にいいものですね

40代で深夜に起きているって、普通に考えたらヤバいことは分かっていますが、幸せになれる2時間でもあるんですよね

 

ちなみに、今週の星野源オールナイトニッポンはお休みです。

 

再来週はどんなお話が聴けるか、今から楽しみでもあります。

 

 

今日はブログを読んで下さいましてありがとうございます

感想は、レターポットにいただけると嬉しいです

大江田由美子 (@ymc_oed)さんのレターポット | LetterPot (α)

 

 

 

 

 

 

 

理想の仕事スタイル

こんにちは。でんこです。

 

漠然と考えていることがあるのです。

 

f:id:yumidenco_o:20180515130032p:image

 

ドラッグストアって『何屋さん?』っていうくらいに取り扱っている商品が多いですよね…

 

スーパーマーケットや、ホームセンターのような、、

 

種類が多いし、どれも似ているから

何を買っていいか分からない(´・ω・`)??

 

漠然と、衣料用洗剤や食器洗剤といっても色んなメーカーさんから発売されています。

 

Amazonで『衣料用洗剤』を検索してみると

f:id:yumidenco_o:20180515125822j:image

 

1000以上が検索結果にヒットします。

 

「衣料用洗剤の場所はどこですか?」

 

とお店で店員さんに聞いたとします。

でも、場所の案内で終わりなんです。

恐らく、それ以上の事に踏み込む店員さんは少ないと思います。私も出会ったことがありません。

 

私も踏み込めません。

 

制度化粧品と呼ばれてるのには、メーカーの美容部員さんが知識を持ってカウンセリングやアドバイスをして下さいますよね。

 

でも、日用品って基本的に自分でお店に行って目で見て比べて買うものです。

 

比較対象が『価格』だったりするんです。

 

似たもので拘りがなければ、安い方を選びがちになるものです。

 

もちろん、これは否定できませんが

 

その洗剤は、あなたのライフスタイルに合っていますか?

 

と思うのです。

 

店員の立場だと、そこまで踏み込んで聞くことは出来ないんですよね。。

 

「〇〇はどこにありますか」

「こちらです」

「ありがとうございます」

 

だいたい、こんな感じかと思います。

 

f:id:yumidenco_o:20180515133046p:image

 

本当にそれでいいの??

 

疑問に思わなければ楽なんでしょうが、こういう疑問はとことん疑問の深みにハマるのが私です。

 

奥様に先立たれて一人暮らしを余儀なく始めた男性に多いのが、『どの洗剤を使ったらいいか分からない』といったお悩みです。

 

身近に詳しい人がいると、その人にアドバイスを求めたりします。この洗剤はどう違うの?って

しかし、日用品ですと軽く考えがちになってしまうのかな?と思ってしまいます。

消耗品でもありますからね。でも、消耗品に少しの拘りがあっていいと思うのです。

ファッションに拘りがあるように、日用品に拘りがあってもいいのかな?と思います。

 

実際に使って試してみて自分のお気に入りアイテムを見つけるのも楽しいですからね。

 

洗濯王子がおすすめする、洗濯洗剤の正しい選び方・使い方 - 価格.comマガジン

 

でも、上のリンクにある事を考慮しながら洗剤を購入する人って少ないんじゃないかな?

偉そうな事を言う私も値段で決めてしまうんです。

本当はアドバイスがあれば…と思うのですが、実際にはこんな事を聞くなんてと思いがちなんです。

 

でも、毎日使うものだからこそ的確なアドバイスって大事だと思うのです。

 

f:id:yumidenco_o:20180515200240p:image

 

f:id:yumidenco_o:20180515200252p:image

 

 

普段使っているものが、本当にライフスタイルに合ったものか…

 

そこを聞き取りして診断、提案できる

そんな生活アドバイザーのような仕事ができたらな♪と思います。

時には実店舗でわいわいしながら洗剤談義してお買い物も楽しいかもしれませんね

 

そんな仕事のスタイルが私の理想です。

 

ブログを読んで下さいまして、本当にありがとうございます。

感想はレターポットでいただけると嬉しいです(^^)

 

大江田由美子 (@ymc_oed)さんのレターポット | LetterPot (α)

 

イラストはこちらのサイトの素材を利用させていただきました↓

かわいいフリー素材集 いらすとや

 

 

地元で接客販売の仕事をするきっかけ

こんにちは。でんこです。

 

 

今日は私の仕事について少しお話させていただきます。

 

現在、地元のドラッグストアに勤務しています。

2年前に『登録販売者』という資格を取得しました。

自分で取得したかったから、ではなく半ば強制に近いようなものでした。

 

正直、私は接客販売の仕事が嫌いです。

どちらかと言うと、事務系というか机に向かって腰を据えてじっくりと考えてする仕事が好きだし楽しいと思えるのです。

接客販売の仕事をしているのに意外かもしれませんね…。

店舗なら、表の接客よりも裏の仕事の方が楽しいと感じています。全く苦にならないんですよね。

細かい事務作業も手書きPOPも帳簿書きも伝票の整理も、苦に思った事はないんです。

むしろ楽しい。私がやりたい!って思ってしまうのです。会社でいったら、総務とか経理でしょうか?

 

なのに、苦手でむしろ嫌いな接客販売の仕事をしています。

 

なぜかというと

 

就職超氷河期世代

 

新卒有効求人倍率0.7%とかいう時代

 

出ている求人は

営業や販売

アミューズメント(パチンコ)

駆け出しのIT産業

 

事務職や技術職は皆無!

 

といった時代背景がありました。

 

 

中学生の頃にやっていたドラマ

 

f:id:yumidenco_o:20180508125747j:image

 

東京ラブストーリーと全くかけ離れた世の中でした。。

 

 

芸大系の短大に通っていたこともあり、この時代背景での新卒ではさらに選択肢が絞られていました。

 

で、結局、新卒で入ったのは生保の内勤の事務…

のつもりだったのですが入ってみたら生保の外勤営業でした!(゚ロ゚)

 

外に出るのは楽しかったんですけどね。

 

心斎橋とか、堺筋とか、本町とか、あの辺をスーツで歩いていたんです。

 

電話営業とか苦痛でしかありませんでした。

 

 

外回り営業(と言っても挨拶や世間話をしに行く)のは苦ではなかったけど、この電話営業が嫌で半年が過ぎたくらいに生保を退職しました。

 

この先のノルマに追われる生活も目に見えていたし。。

 

この頃、地元の大手スーパーが新装開店するにあたり、求人を出していたんですよね…

この電話営業から逃げたくて、なんとなく採用試験申し込んだんです。

なんとなく受けたら、採用になったんです。

その時に大阪で付き合っていた人がいたのですが、受ける前も受けて採用された時も話はしたのです。

 

『ふーん(゜-゜)』

 

しか言われなかったけどね。。(ノω`)

 

もし、あの時、嘘でも『ここにおれよ(大阪にいて)』とか言われていたら大阪にいたかもしれません。

 

それでも、転職はしてたと思いますが、地元に帰ってきていたかは分かりません。

 

こうして、私は大阪を離れました。

 

こうして、私は接客販売の仕事に就きました。

 

スーパーの仕事もやりたかったわけではなく、電話営業をしなくなかったから。

そこにあったのが、スーパーの求人だったから。

 

でも、薄々は気づいていたのです。

 

私は接客販売には向いていない

 

数を捌いていかなければいけない現実に嫌気がさし、常に上司の厳しい監視のまなざしの元で仕事をやらなければいけない現実がありました。

しかも、常に私たちの前に仁王立ちしていました。

その中で笑顔で接客しなければいけない状況に、何人も辞め、私も精神的苦痛で退職しました。

 

この時、24歳だったかな?

 

違う職種を探したんだけど、出ている求人はどれも経験者でないとダメで

未経験OKでも、家が豊岡市内でないとダメとか

 

(´△`)

 

結局、経験があると言ったらレジくらいなんです。

スーパーでも食品レジ係になっていたので。

 

豊岡市外に在住する人を希望されていた豊岡の酒屋に転職しました。

あとで分かったのが、豊岡の人だと知り合いのお客さんが来てお喋りされるのが嫌だったそうです。知り合いはいないだろう、市外の人を優先して採用していだそうです。社長が常連さんと話したりする馴れ合いを嫌うお店でした。

 

レジもやったり、売り場の事もやったり、営業の人と雑談(この雑談を通して私はお酒の勉強した)したり、合間を見ては事務仕事をしたり

 

このメリハリが楽しかったです。

 

馴染みのお客さんとのお喋りも楽しかった。

知っているお客さんが来店された時は本当に嬉しかったし、お近所さんとのちょっとした触れ合いが楽しくて仕方ありませんでした。

 

社長はよく思っていなかったけどね

とっとと帰ってもらえ!という方針だったけどね

 

ある出勤時に、右折待ちをしていたらオカマを掘られた(追突された)んです。相手は80過ぎのおじいちゃんでした。

その日は大丈夫でしたが、次の日に鞭打ちの症状が出てしまいました。

これを機に酒屋の仕事は解雇となりました。

この直後、台風23号が発生し、豊岡は円山川決壊し大変な被害に見舞われました。

 

その後、諸事情で香川県の高松で数ヶ月過ごしました。

高松の生活を終え、地元に帰ってきたときに

地元のドラッグストアが求人を出していたのです。

 

あまりいい噂は聞いていなかったのですが、

近さには変えられないので応募しました。

 

それも、高松に戻る前提で…。

 

それが約12年いるんですから、何があるか分かりません。

 

接客販売は私には向いていないと思いつつ、ダラダラいるんですからね。。

 

この話はまた別の話にしましょう。

 

たらればを言ったらキリがありません。

 

あの時、嘘でも「大阪におれ」とか言われていたら今も大阪にいたかもしれません。

地元のスーパーを受けようか悩んでいる話をした時に、引き止めて欲しかったかもしれません。

いや、親身に聞いて欲しかったのかもしれません。

そっか…とか言われていたら分からなかったけど、返ってきた答えが「ふーん」だったのです。

その言葉を聞くたびに、私の気持ちは彼から冷めていき、もう地元に帰るよ( ´:ω:` )となりました。

アパートを出る時も、地元に帰る時も連絡はしませんでした。

唯一、学生時代の友達と職場のお世話になった先輩には連絡したかな。。

引越しの荷物を纏めるのも、この先輩に手伝ってもらった。その先輩には色んなことを話して相談してもらっていたこら「本当にいいの?」って何度も言われたけど、私は私に言い聞かせるように「うん」と答えるしか出来なかった。

いいわけなんかないけど、これでいいと言い聞かせることしか出来なかった。

今年42になる今なら分かることも、21の頃には分からなかった。

彼も、そう言うしかなかったのかな?と今なら思えるけど、当時の私には「もう私のことは嫌いなんだな」としか思えなかったものです。

 

だから

DREAMS COME TRUE【大阪LOVER】 - YouTube

この曲を聴くと、あの頃の私のなんとも言えない葛藤が蘇ってきます。

 

まさか、今でも接客販売の仕事に就いているとは思っていなかったです。

 

でも、私には向いていない仕事だとも感じているのも事実です。

いつまで接客販売の仕事をやっているのかな。。

 

----------

長くなってしまったブログにお付き合いいただき、ありがとうございます。

このブログの感想は、レターポットにいただけると嬉しいです。

大江田由美子 (@ymc_oed)さんのレターポット | LetterPot (α)

 

----------

なんでTwitterをやっているの?

こんにちは。

 

Facebookはやっているけど、Twitterはやっていない

 

私の周りにはという人が本当に多い…

そんな気がするけど、これは本当にもったいないな

 

私のように、田舎に住む人にこそ

Twitterはやった方がいいと思っています。

 

そんな私も、2年前まではFacebookがメインでした。

 

Twitterをやろう!なんて思わなかった。

 

短パン社長の存在を知るまでは。。

 

短パン社長のこと、藤村先生のことは、Facebookでふわりと「こんな人がいるんだなぁ」くらいに繋がりの中で知ることができました。

 

テレビに出演されているのを見て、

「この人のTwitterが見たい!」

と思って、自分でもアカウントを持つようになりました。

 

最初は私もツイートする側になるとは思いませんでした。

 

炎上したら怖いんだもん

 

Twitterって炎上のイメージしたなかったですから。

 

f:id:yumidenco_o:20180430100709j:image

 

初めて一人で外に出てきた(こシャム)ちゃん

 

f:id:yumidenco_o:20180430101741j:image

 

道路に寝っ転がって遊ぶ(ちょび)ちゃんに駆け寄る(こシャム)ちゃん

 

f:id:yumidenco_o:20180430102302j:image

 

(ちょび)ちゃんと(こシャム)ちゃん

 

f:id:yumidenco_o:20180430103123j:image

 

今では自分から外に出たがる(こシャム)ちゃん

 

f:id:yumidenco_o:20180501110130j:image

 

田舎には田舎の良さがあると思う。

けど、田舎にいるとどうしても考えの視野が狭くなってしまうのではないかな。

 

世の中には、色んな人がいて、色んな価値観を持っている人がいて、色んな考えを持っている人がいるということ。

 

田舎にいると、どうしても限られた人としか接しないし。人と少しでも考えや行動が違うと、浮いた存在になってしまう。

 

田舎に行けば行くほど、昔からの伝統があればあるほど、独自ルールというものに支配されている。

 

(大相撲や某芸能事務所なんかは典型だよね)

 

それが悪いとは思わないし、守って伝えていかなければいけないものも理解できる。

 

限られた人の中でしか暮らしていないと、自分の価値観だけに囚われてしまうのではないだろうか?

 

人と少しでも違うことに悩んだり。。

 

今、Twitterをやっていて思うのは

 

今まで視野が広いと思っていたけど、実はとんでもなく狭い視野の世界で生きていたんだ

 

ということです。

 

世の中には、色んな人がいる。色んな考えや価値観を持って暮らしている人がいる。

 

そんな私も、人から見たら非日常の世界の人。

 

f:id:yumidenco_o:20180501112500j:image

 

普段、当たり前に見るこの風景も、人から見たら異次元の世界だったりするんです。

 

自分の好きな物、好きなアーティスト、などという共通の『好き』を持った人を通して

色んな価値観を持つ人の考えや思いに触れるのもいいんじゃないかな

 

井の中の蛙、大海を知らず』

でいるなんて、もったいないよね

 

--------------------

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

感想はレターポットにいただけると嬉しいです!!

 

大江田由美子 (@ymc_oed)さんのレターポット | LetterPot (α)

 

 

 

 

 

MOTORWORKSってバンド知ってる?

こんにちは。でんこです。

 

昨日、4月26日は

 

一人のツイートで何かが動き出す瞬間を見た|まだまだ始まったばかり - でんこLife

 

この時のブログで触れたCDが発売されて1年が経過した日でもあります。

 

前の私なら、芸能人が亡くなられてもどこか冷めていました。

尾崎豊さんやhideさん、ZARD坂井泉水さん…

命日とか誕生日にファンが集まって何かをする

という感覚が分かりませんでした。

何のために??やって何になるの???

と、今思えば冷酷で現実主義もいいところでした。

そのニュースに衝撃とショックは受けますが、少ししたら落ち着きました。

ZARD坂井泉水さんは好きだった!

けど、その時に話せる人がいなくて気がついたら浄化されていた…と言うのが正しいかもしれません。

 

桜塚やっくん飯島愛さんのブログコメント欄に今でもコメントをする人の気持ちが分からない

 

そう思っていました。あの時までは。。

 

その事はまた違う形で触れるかもしれません。

 

 

現在は廃盤になっているCDやDVDを再販に踏み切るって、なかなか難しいことです。

 

最初、メンバーでリーダーでもある石田ショーキチさんが事務所に話を持って行った時は門前払いだったみたいです。

事務所には当時を知る人がいなくて、MOTORWORKSと言われても?????な方を相手にするにはファンの声を届けるしかない!という感じでした。

私も署名したし、微力ながらもRTしたりしました。

 

その頃の私は、ファンの繋がりがありませんでした。

正直辛かったです。

だって、誰も反応しないんだもん(笑)

 

むしろ、引かれていたかもしれません。

 

それでも、私は再販を願いました。

 

彼らが心の底から音楽を楽しみ、音楽で遊んでいる姿をたった一人でも知ってもらいたい

これを次の世代へ伝え残したい

 

 

普通に考えて、あのメンバーが集まるって凄いことです。

 

人から見たら、企画もんかもしれない。

一発屋もんかもしれない。

 

それでも、心の底から音楽で遊んで楽しんでいる彼らの姿を形に遺したいという一心でした。

 

f:id:yumidenco_o:20180427113918j:image

 

願いが叶い、CDもDVDも手にした今…

 

 

正直な本音です。たらればを言ったらキリがありません。

 

もしも、黒沢健一さんが脳腫瘍にならなければ…

 

こうして再販されることはあったのだろうか??

 

再販は嬉しいけど…と言うのが正直なところです。

 

 

【4月26日「MOTORWORKS 〜COMPLETE BEST〜」発売決定!】MOTORWORKS「speeder」 - YouTube

 

MOTORWORKS<BRAND-NEW MOTOR SHOW>Official Trailer - YouTube

 

 

よかったら、彼らが音楽で遊んで楽しんでいる様子をほんの少しご覧下さい。

 

遊びを仕事に、そんな言葉を聞くことが多くなってきました。でも彼らは15年くらい前にはやっていたのです。聴いていても見ていても本当に楽しい。

圧倒的な陽の空気に包まれていました。

 

活動期間はメチャクチャ短く、一気に駆け抜けてしまった感のあるMOTORWORKS

純粋に楽しんでいる姿を知って見ていただけたら嬉しく思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

感想はレターポットにいただけると嬉しいです。

大江田由美子 (@ymc_oed)さんのレターポット | LetterPot (α)